Study After School 〜学校じゃ教えてくれないこと〜

学校じゃ教えてくれないけど、知ってたら役立つことを発信します。

MENU

テレワークに最適!買ってよかったグッズ紹介〜外付けモニター編〜

f:id:mayuwata:20220123153711j:plain

Photo by Nathan Riley on Unsplash 

みなさんこんにちは!Study After School主宰のwataruoです。
今日は、テレワークにおすすめの作業机の話をします。

日経XTECHの「テレワークで使ってみたいツールランキング、注目技術と意外なアイテムが上位に」という記事を読んで、確かに!と思うところがたくさんありました。その中で2〜4位にランクされているものは、わたし自身も購入して成功だったと感じているものでした。今回はそのうち4位の”外付けモニター”について書きます。2位と3位は別記事で書いているのでそちらも合わせてどうぞ!

 

studyafterschool.hateblo.jp

 

studyafterschool.hateblo.jp

 

わたしが使用している外付けモニター

さて、まずはわたしが使用している外付けモニターを紹介します。

「モバイルモニター EVICIV モバイルディスプレイ 15.6インチ」です。

このモニターを選んだ理由は以下の3つです。

  1. タブレット用スタンドで設置が可能なこと
    詳しくは後述しますが、ディスプレイの設置にタブレット用スタンドを使うことにしたのでそれに対応していることが絶対条件でした。
  2. PC(Thinkpad T14)のディスプレイと同等の大きさと解像度を持っていること
    安価なディスプレイは大量にありますが、画面サイズはともかく、解像度が低かったりするので注意が必要です。また、設置場所の都合上、あまり大きなサイズは必要がないため、必然的に15インチ程度のサイズが候補となりました。
  3. USB Type-Cでパススルーで電源供給ができること
    (この接続方法をパススルーと呼ぶかどうかわかりませんが便宜上そう表現しています)
    わたしはプライベートではMacbook Airを使っており、せっかくならそっちでも使えるものにしようと考え、いろいろと絞り込んでいきました。そのせいで、USB Type-Cでの接続の優先度が高くなりました。変換コネクタを使えばいいのですがちょっとイマイチなのでできれば直接接続できる方がよいと考えました。要するに、給電用とPC接続用のType-Cのポートが2つあることが条件です。
    パススルーしているのでどれくらいの電圧がPCまで届いているのかわかりませんが、推奨電力の高いThinkpadの方でも大きな問題なく使えています。(充電にはそれなりに時間がかかるので急速充電が必要なときはダイレクトに電源アダプタに接続しています)

迷ったほかの外付けモニターたち

 Amazon等で検索するとものすごい数の商品がヒットします。その中から前述の条件を満たすものを探し出すのがとても大変でした。結局のところ消去法で候補をしぼっていったというのが実情でした。

ASUS MB169BR+

実はこれが最初の候補でした。理由は以前これの古いモデルを使っていて特に大きな不満がなかった(Type-C接続ができなかった)のでその後継モデルが候補として自然に出てきました。自宅外で使用するには向いているように思いますが、ThinkpadだとType-Cポートが1つしかないのでPCを充電しながら使えないので候補から外しました。

Lepow モバイルモニター

確かこれが最後まで迷っていたものだと思います。最終的にEVICIVを購入した理由はVESA対応をしているかどうかでした。VESA対応というのはざっくり言うとモニタースタンドの標準的なステーとネジ穴がついているものです。もしかしたら将来的にモニタースタンドをつけて、、なんてこともしたくなるかも、ということでEVICIVの方を購入しました。その他の機能面ではほぼ同等だと思います。重量が見当たらなかったのですがVESA対応していない分こちらのほうが軽量かもしれません。

アイリスオーヤマ モバイルモニター 15.6インチ

改めて見てみると、EVICIVのよりよいかもしれません。少なくとも要件は満たしているように思います。価格差でEVICIVを選んだのかもしれませんが記憶が定かでなく。。ただ、EVICIVよりも重量は軽いので後述の頭垂れ問題は解決すると思われます。もしスタンドとセットで購入を考えているのであればこちらのほうがよいと思います。

モバイルモニターのスタンド問題はこう解決した

こちらの記事で紹介しているデスク上に設置するために考えたのが、設置面積が小さくてすむタブレット用スタンドでした。ちなみにタブレット用スタンドは以下のものを使用しています。見た目よりもかなり安定しています。実用上問題はほぼありません。ただ、、実はモニターの重量が若干オーバーだったようで、だんだん頭をたれてきてしまう場合があります。ただ、大きく揺らさなければ問題はないので実用的にはOKだと思います。机上のスペースに余裕があるのであればより大きいサイズのディスプレイを設置したほうが作業効率は高くなると思います。

 

おわりに

外付けモニター、これが生産性には最も大きく影響するものだと思います。フリーアドレスのオフィスや、シェアオフィスなどではなかなか難しいですが、シェアオフィスなんかはディスプレイが設置されているブースなどもあるようですね。それだけ利便性および需要があるということですね。さすがにモバイルディスプレイを一緒に持ち歩くというのはまだハードルが高そうです。

それでは、今日はこの辺で。 お読みいただきありがとうございました。

 

 

テレワークに最適!買ってよかったグッズ紹介〜作業机編〜

f:id:mayuwata:20220123153711j:plain

Photo by Nathan Riley on Unsplash 

みなさんこんにちは!Study After School主宰のwataruoです。
今日は、テレワークにおすすめの作業机の話をします。

日経XTECHの「テレワークで使ってみたいツールランキング、注目技術と意外なアイテムが上位に」という記事を読んで、確かに!と思うところがたくさんありました。その中で2〜4位にランクされているものは、わたし自身も購入して成功だったと感じているものでした。今回はそのうち3位の”作業机”について書きます。2位と4位は別記事で書くのでそちらもお楽しみに!

 

わたしが使用している作業机

さて、まずはわたしが使用している作業机を紹介します。サンワサプライの「キーボードスライダー付きスタンディングデスク」です。作業机を探していたときにちょうどスタンディングデスクの記事かなにかを読んで、昇降式のものが欲しかったのでこれが選択肢としてあげられました。実はこれ、実物を見ずに買ってしまいました。ガタツキなどが心配だったのですが、思っていた以上に堅牢な作りでキーボードを乗せる部分を出した状態でも大きく揺れることはありません。ただ、この形はかなり好みが分かれると思うので、もしこの記事を読んで気になった方はメーカーホームページ等をよく確認したうえで購入してください。

 

迷ったほかの作業机たち

ガス圧昇降式、幅120cm、色はダーク系という条件で調べたのですがこの条件だとかなりの数がヒットします。その中でも特に気になったもののうち2つを紹介します。

ガス圧昇降式デスク 昇降式テーブル 120cm幅

正式名称がよくわからないのですが、機能のわりに価格が安いので候補となりました。実物を見ることはできなかったのですが、写真を見る限り柱が結構細い感じだったのでより堅牢そうなサンワサプライのものを選びました。今見てみるとそんなに細くないのでこっちでもよかったかな。。

サンワサプライ昇降式デスク スタンディングデスク ガス圧昇降 幅120cm

現在使用中のものと同じくサンワサプライの商品です。最後までこれと迷っていたのですが、昇降のレバーが手前についているのがどうしても気になってしまって、候補から外しました。普通に考えれば手前についている方がよいのだと思いますが、わたしの環境では幅はわりと余裕がある場所に置く予定だったので、横についていてくれても問題がなかったのです。あと柱が2本というのも気になりました。3本の方が安定しそうだと感じました。

作業机を買ったら電源まわりも見直そう

作業机があるとテレワークの環境は格段によくなります。が、作業机だけあってもテレワークははかどりません。電源まわりも見直した方がよいと思います。PCとスマホタブレットと、、いろいろとありますよね。口数はそれぞれ必要な数が違うと思いますが、個別に電源をON/OFFできるもの、雷ガードがついているもの、くらいが最低条件だと思います。妙に安いものは危険なので絶対に避けましょう!

終わりに

作業机とセットで考えたい椅子について書いた記事はこちらです。ぜひ合わせてご一読ください。

studyafterschool.hateblo.jp

 

それでは、今日はこの辺で。 お読みいただきありがとうございました。

テレワークに最適!買ってよかったグッズ紹介〜椅子編〜

f:id:mayuwata:20220123153711j:plain

Photo by Nathan Riley on Unsplash 

みなさんこんにちは!Study After School主宰のwataruoです。
今日は、テレワークにおすすめの椅子の話をします。

日経XTECHの「テレワークで使ってみたいツールランキング、注目技術と意外なアイテムが上位に」という記事を読んで、確かに!と思うところがたくさんありました。その中で2〜4位にランクされているものは、わたし自身も購入して成功だったと感じているものでした。今回はそのうち2位の”椅子”について書きます。3位と4位は別記事で書くのでそちらもお楽しみに!

xtech.nikkei.com

 

わたしが使用している椅子

さて、まずはわたしが使用している椅子を紹介します。
オカムラのシルフィーというオフィス用チェアーです。(メーカーホームページリンク:

株式会社オカムラ | チェア/ソファ | シルフィー

この椅子を選んだ理由は以下の3点です。

  1. 高さが変えられる肘掛けがついていること
    ポイントは"高さが変えられる"というところです。テーブルの高さに合わせて肘掛けの高さを変えられないと肘掛けがついている意味がないように思います。仕事上、ほぼずっとPCを使用し続けていますが、肘掛けがあるのとないのとでは肩や首にかかる負担が大きく違います。
  2. メラミン素材のキャスターが選べること
    わたしが仕事をしている部屋の床はフローリングなのですが、普通のキャスターだと傷がついてしまいます。そうならないようにマットを敷くという選択肢もあるのですが、段差ができるのが嫌だったので傷がつきにくいメラミン製のキャスター付きの椅子を探していました。
  3. 比較的コンパクトなサイズであること
    オフィスで使っているときにはなかなか気づきませんが、オフィスチェアーって結構大きいのです。シルフィーも決して小さくはありませんが、それでもほかの種類に比べればかなりコンパクトです。それでも家に設置したときには想像以上に大きさを感じました。その分、座り心地とかがいいので満足しています。

購入時にいろいろと調べましたが、オカムラでなくともオフィスチェアーを個人で購入することはさほど大変ではありません。箱もかなりの大きさになるので、配達時に持ち帰ってくれたりするお店を選ぶのがよいように思います。そういったサービスの有無は直接お店に問い合わせるようにしてください。

迷ったほかの椅子たち

他にも迷った椅子があったので3つ紹介します。

ハーマンミラー アーロンチェア

椅子に興味があまりない人でもこの名前くらいは知っているのではないでしょうか?実際に座ってみましたがなかなかの座り心地でした。でも予算オーバーで諦めました。

バウヒュッテ(Bauhutte)ゲーミングチェア

いろいろと種類がありますが、わたしが迷ったのはRS-950RRというシリーズです。この椅子は実際に座る経験ができなかったので候補からは外しました。座ってみて気にいれば、コスパ的にはかなりよいのではないかと思います。

エルゴヒューマン エンジョイチェア

エルゴヒューマンという名の通り、人間工学に基づいて設計されています。(ほかのメーカーも人間工学に基づいているのだと思いますが、エルゴヒューマンほどは全面に押し出していません)実際に座ってみたのですが、シルフィーよりも若干柔らかい印象でした。わたしの好みはシルフィーの剛健な感じでしたが、体重が軽めの方などはこちらの方がフィットするかもしれません。

ヘッドレストは必要か?

オフィスチェアーにはヘッドレストを付けられるものが多いですが、オフィスで使用していた椅子にはヘッドレストはついていませんでした。ですので、ヘッドレストは必要ないだろうと思っています。唯一、座ったまま伸び〜〜っとするときにはあったほうがよいです。ただ、頭をつけることはないにせよ、あった方が集中力が高まるような気がしなくもありません。シルフィーのように後からつけられる機種であればヘッドレスとだけを購入すれば自分でつけられそうです。1万5,000円を出す価値があるか。。

おわりに

いくつか紹介しましたが、テレワーク用の椅子は絶対に実際に座ってみてから買う方がよいと考えます。大きさもわかりますし、座り心地も思っていたのと結構ちがうことがあります。決して安い買い物ではないですし、長く使うものなので焦らず慎重に選ぶのがよいと思います。

それから、ふるさと納税でもシルフィーは買えるみたいです。これなら実質的な出費はだいぶ抑えられますね。一時的な出費はかなり大きくなりますが。

それでは、今日はこの辺で。 お読みいただきありがとうございました。