子どもの成長を記録したい

子どもの成長を記録したい。そう思う親は多いと思う。わたしもそのひとりだ。今回はわたしがどうやって記録しているかを紹介する。

写真と動画

わたしも妻もiPhoneを使っていて、事あるごとに写真や動画を撮っている。日時や場所情報が残るからこれだけでも十分な記録である。

日々の"成長を記録したい"と思うような子どもがいる人はたいていスマホを持っていると思うので、今よりちょっと写真をたくさん撮る、くらいで十分に記録ができるだろう。

撮っただけで終わらせない

撮った写真や動画はできればGoogleフォトにアップロードした方が楽しい。いい感じでアルバムを作ってくれたりエフェクトをかけてくれたりする。また、さすがにGoogleのサービスだけあって、検索がとても優れている。たとえば

「運動会」というキーワードで検索をするとそれっぽい写真がちゃんとヒットするのである。

写真をWebにあげるのに抵抗がある人はiOSの写真Appの「メモリー」がよいと思う。わたしはあまり使ったことがないのでこれ以上の説明はできない。

写真や動画で表せないものは100年日記形式で

写真や動画だけでもよいのだが、その時にどんなことを感じたのかとか写っていないところでどうだったのかとかはわからない。それを残すためにわたしが使っているのは文字、つまり日記の形式で残している。それも「100年日記」形式で。(*100年日記については欄外を参照)

100年日記形式にしているのは1年前とか2年前の同じ時期に何をしていたのかが目に入るからだ。これが意外と楽しい。「去年の今頃つかまり立ちしたのか」とか「今年も同じことやってるね(笑)」とか。子どもの成長を感じられる瞬間である。

*100年日記の詳細は以下のページを参照。

www.facebook.com

おわりに

今回は長くなったのでこれでおわりにする。日記のつけ方については別途書く予定。