iPhone4 雑感

08/07(土) サッカーの練習を終えた私は帰宅の途に着いていた。中環はいつもの通り富ヶ谷から渋滞しているが構わずそのまま進む。それよりも東京料金所から先の渋滞の方が気になるしな。そんな自問自答を繰り返していると突如電話が鳴る。電話帳に登録されていない番号だ。トンネルの中なのになぜ・・・

とまぁハードボイルド風(?)の冒頭にしてみましたが本題とはまったく関係ありません。

週末にiPhone4をゲットしましたのでそのご報告。

ソフトバンクショップで予約したのが7/23(金)だったので、およそ2週間で入荷したことになります。お店の方に聞いた限りでは「入荷時期がよくわからないのが現状なので申し込んだタイミング次第ではもっと長くお待ちいただくこともあります」とのこと。2週間は早い方らしいです。

さて、私はiPhone 3Gから乗り換えたのですが、あまりの違いに驚きました。

私が感じた大きな違いは以下の3つ。

  1. 画面の精細さ
  2. 動作の軽快さ
  3. 形と持った感覚
  1. 画面の精細さ

これは多くの方が感じていることだとは思いますが「キレイ」と表現されていることがほとんどです。でも、私が受けた印象は感覚的にはちょっと違っていて「キレイ」というよりは「細かいところまで表示できるようになってるなぁ」というのが近いです。特に細かい文字が格段に読みやすくなりました。

  1. 動作の軽快さ

iPhone3Gを現在お使いの皆さん、iPhone4は “買う” か “触らない” かのどちらかにすることをオススメします。個人的には動作の軽快さだけでも買い換える価値があると思います。それだけ違うということです。これまでは気づかないけどいろいろとストレスを感じていたんだな、というのがよくわかりました。iPhone4はそのストレスをあっさりと拭い去ってくれます。もし買い換える気がないのであれば触らない方がよいでしょう。触ったら欲しくなりますので。

  1. 形と持った感覚

純粋に“手”の感覚だけだと、iPhone 3GとiPhone4はまったくの別物です。似てさえいないと感じます。形は並べてみるとよくわかりますが(写真がなくてすいません)、結構違います。店頭で触れたり見たりしたかぎりではそんなに違わないと思っていたのですが、普段通りの使い方をしてみるとそれなりの違和感があります。iOSは変わらないので操作性自体は変わらないので困ることはありませんが、やはり「別の端末を触っているんだな」と感じます。好き嫌いが分かれる部分かと思いますが、私は3Gの方が持った感じは好きです。

以上、とても雑ですが、iPhone4の雑感でした。今後も“違い”を見つけたら書こうと思います。